がん診療

腫瘍(がん)診療について

当院での腫瘍(がん)診療は、腫瘍科認定医が行います。

腫瘍といっても様々なタイプの腫瘍が存在します。イボの様な良性のものから、急激に大きくなるもの、転移を起こしやすいものなど。。。

身体に何か出来ているみたい?がんと言われたけどちょっと心配など。。。

腫瘍に関するご相談やアドバイスを腫瘍の認定医が行います。
認定医の診療をご希望の方は、お電話でのご予約をおねがいします。

 

診療のながれ

まずペットにかわって状況を教えてください。

腫瘍がどこにどのように存在するのか、触診やレントゲン、超音波などを使い確認します。さらに、どのような細胞があるのか細い針を刺して確認したり、場合によっては少し太めの針で組織を検査に出します。

また、近くのリンパ節が腫れていないか?他の臓器に転移していないか?触ったり、レントゲンなどで確認します。そして全身状態をチェックして全身麻酔や、抗がん剤に耐えられる状態かどうか確認します。その上で飼い主さんとご相談しながら、追加の検査、治療へと進んでいきます。

手術など高額な治療に関しては、見積もりを作成し解りやすい説明を心がけております。

腫瘍の治療方法

腫瘍の治療は大きく4つの治療法があります。

外科療法 早期の固形癌では根治を期待できる治療法です。
放射線療法 動物病院ではまだまだ一般的な治療ではありませんが、大学病院などで治療を受けられます。
化学療法(抗がん剤) 人体薬を使用しますが、小動物での報告などデータに基づいて使用します。
免疫療法 現在様々ながんに対する治療法が研究、開発されています。当院で利用できるものは細胞免疫療法、高濃度ビタミンC点滴療法、温熱療法、サプリメントを利用した栄養療法です。