脂肪幹細胞治療

脂肪幹細胞治療について

骨折の癒合不全や脊髄損傷(椎間板ヘルニア)などに治療効果があります。

骨髄や皮下脂肪由来の幹細胞は、骨や、軟骨、筋肉や心筋細胞、そして血管を形作る細胞に分化することが知られています。幹細胞療法は、これらの分化する能力を利用することで、自分の細胞から必要な器官や臓器を「再生」させる治療法なのです。

脂肪幹細胞は皮下脂肪に存在しています。イヌまたはネコの脂肪組織を少しだけ採取し、特殊な酵素液で分解して幹細胞を単離、特殊な容器で細胞を前培養します。その後、本培養をして、細胞の数を増やしてから、細胞を集め、洗浄して、患部への直接の注射や点滴によって体内に投与します。

ADSC_7days

 

 

 

 

 

 

培養して増えた脂肪幹細胞